チャイルドアーツアカデミーの理念


チャイルドアーツアカデミーは、

neten Inc.の長年の研究成果を「子どもたちの学び」に

応用することで誕生しました。


現在は、幼稚園生から小学生を対象にして(3歳~12歳頃まで)、

一つのプログラムの中で提供しています。


そのチャイルドアーツアカデミーは、

シンプルで明確な「理念」を持っています。



子どもたちが、本来持っている「働き」を、

発揮できる「場」を創造する。



誰しも、子供たちの天才性を引き出してあげたいと願うもの。


「本来の働き」とは、何でしょうか。

日本文化の根源である「神道」の教えにおいて、

人は本来、神であるとされます。


一人ひとりが持つ、「本来の働き」は、

一人ひとりが持つ、「神として働き」。


その「本来の働き」を発揮するために、

「根源的なもの」を探求できる「場」を創造することが、

チャイルド アーツ アカデミーの理念です。


「場」があれば、子供は自ずと育つもの。

根源的なもの

  • 宇宙 自然
  • 言語
  • アート 音楽 演劇
  • 概念(数学、哲学)
  • 文化(神道、武道)....

  • 「根源的なもの」に触れる場
  • 子供たちの豊かな感性が磨かれる場
  • 情緒が自然と育つ里山
  • 倫理観と世界観が育つ場
  • コミュニケーションの土台を形成する場
  • 創造性を発揮できる場

基本テーマ

  • 自然
  • 言語(日本語)
  • 道具
  • 音楽
  • アート
  • 演劇
  • 進化(テクノロジー)

■News

20191103 かいぼり&アート

冬といえば、かいぼり!

というのは、Child Arts Academyだけかもしれませんが、

「池の水ぜんぶ抜く」ばりに三日月池の水を抜き、、

池の生態調査や外来種の駆除などを行い、

今回も、オオムラサキセンターの冨樫さんに解説をいただきました。

そして、大発見が!

山梨県でも2例しか記録がなく、甲府では初めての、「クロゲンゴロウ」という

準絶滅危惧種に指定されている珍しいゲンゴロウが見つかりました!

里山は順調に育っているようで嬉しくなりました ^^

そして、畑では里芋、落花生、大根、菊芋などを収穫し、

おやつに、前回収穫したさつまいもを焼き芋にしていただきました。

子どもたちが、ふとまにの里で全身で遊んでいる姿は、清々しいものがあります (TT)

■report

CAA Reports003 20180925

櫻井久直さんのお話

「遊び心を持つこと」が演劇の始まり

CAA Reports002 20180910

七沢智樹講師のお話

理想を越えた「本質」とは?

CAA Reports001 20180903

七沢清子校長のお話

チャイルドアーツの理念

CAA Reports002 201800805

8/5 チャイルドアーツのご報告

CAA Reports003 201800603

6/3 チャイルドアーツのご報告

メルマガのご案内

参加を希望される方は、こちらにご登録ください。毎月、参加ご案内のメールを差し上げます。