チャイルドアーツアカデミーの理念


チャイルドアーツアカデミーは、

neten Inc.の長年の研究成果を「子どもたちの学び」に

応用することで誕生しました。


現在は、幼稚園生から小学生を対象にして(3歳~12歳頃まで)、

一つのプログラムの中で提供しています。


そのチャイルドアーツアカデミーは、

シンプルで明確な「理念」を持っています。



子どもたちが、本来持っている「働き」を、

発揮できる「場」を創造する。



誰しも、子供たちの天才性を引き出してあげたいと願うもの。


「本来の働き」とは、何でしょうか。

日本文化の根源である「神道」の教えにおいて、

人は本来、神であるとされます。


一人ひとりが持つ、「本来の働き」は、

一人ひとりが持つ、「神として働き」。


その「本来の働き」を発揮するために、

「根源的なもの」を探求できる「場」を創造することが、

チャイルド アーツ アカデミーの理念です。


「場」があれば、子供は自ずと育つもの。

根源的なもの

  • 宇宙 自然
  • 言語
  • アート 音楽 演劇
  • 概念(数学、哲学)
  • 文化(神道、武道)....

  • 「根源的なもの」に触れる場
  • 子供たちの豊かな感性が磨かれる場
  • 情緒が自然と育つ里山
  • 倫理観と世界観が育つ場
  • コミュニケーションの土台を形成する場
  • 創造性を発揮できる場

基本テーマ

  • 自然
  • 言語(日本語)
  • 道具
  • 音楽
  • アート
  • 演劇
  • 進化(テクノロジー)

■News

20190803-04 ふとまにの里キャンプ、東屋竣工祭、キャンプファイヤー

夏休み特別企画として、今回は、ふとまにの里でキャンプを行いました!

お祓い、鎮魂の後に、お昼ご飯を挟んで、紙芝居、演劇ワークショップ

そしてその後、ふとまにの里の畑で野菜を収穫し、夜は終の住処の方々と合同でBBQ!!

そして、温泉に行き、夜はテントで就寝・・

虫の鳴き声や川のせせらぎのおとをBGMに、スヤスヤと眠りにつきました。

翌朝は日の出とともに目を覚まし、朝食は自家製ローストビーフのサンドイッチ。

涼しい早朝から祝殿でお祓いと鎮魂をし、

その後、子供達はVR(3人称視点)の体験!

最後は大人の皆さんと感想のシェア会をして、今回は盛りだくさんの内容となりました。

■report

CAA Reports003 20180925

櫻井久直さんのお話

「遊び心を持つこと」が演劇の始まり

CAA Reports002 20180910

七沢智樹講師のお話

理想を越えた「本質」とは?

CAA Reports001 20180903

七沢清子校長のお話

チャイルドアーツの理念

CAA Reports002 201800805

8/5 チャイルドアーツのご報告

CAA Reports003 201800603

6/3 チャイルドアーツのご報告

メルマガのご案内

参加を希望される方は、こちらにご登録ください。毎月、参加ご案内のメールを差し上げます。