CAA Reports001 2018-8-5

チャイルドアーツの理念

七沢清子校長

七沢清子校長の講話


皆さんには体系的に理解していただこうと思っていまして、

お話の時間はだいたい1時間半とっていますが、

講師数名で順番にお話しをさせていただきます。


それではさっそく、始めさせていただきたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。


今日は、今少しお話しました「概念」「考え方」というところの部分で、

Child Artsについてご説明したいと思っています。


まず、七沢研究所というのは

多岐にわたって様々なプロジェクトを展開しております。


その中でも、中核を担っているのが

「概念を構築する」という作業です。

こちらはロゴソロジーなどを受講されたことのある方にとっては、

よく耳にされているかと思いますが、

そのなかの一つに

「概念装置」という言葉があります。

それは何かというと

簡潔に、「概念」を「措置化する」ということになります。


皆さんも通常

“自分の頭の中ではぼんやりと分かっているのに、

上手く言葉に出来ないこと”

というのがあるかと思いますが、

「なんとなく分かるな、こういう事だろうな」ということ、

またそうした思考を「しっかりと見える化する」ということが

「概念装置」であって

その働きを発動させた時に、

「なんとなく」が具体的になって、わかりやすくなる。

あるいは理解できる、ということになります。

たとえば

ぼんやりしたイメージを論理的に構築していく過程で

どういったことが起きてくるかということについてですが、

言葉に出来ない思考というのはどうしても、

その時の自分の「環境」であったり「感情」というものに

左右されてしまう・ブレてしまう、ということが起こりやすくなるのです。


ですので、せっかく良いイメージができても

そこから後戻りしてしまったり、

せっかく自分のなかで作り上げてきた

”大切な想いのかけら”のようなものが、

なんとなく定まらずにゆらゆら漂って、

また後戻りして、何度も同じところを繰り返す、

というようなことが起こってしまいます。


皆さんも日常的に

「なんとなくモヤっとする」ということがあるかと思いますが、

そういう時は、言語化される前の観念の世界で

ぐるぐる思いや感情が巡っている状態なのですね。


ですからそのような状態を

いったん言葉にして「概念化」することで、

自分を冷静に見つめることができる。

つまり客観視することができるので、

その後戻りすることを防ぐことができるのです。


そして思考や感情が整理された状態というのは、

本当に揺るがないものとして、

そこに存在し続けることができるのです。


このChild Arts Academyも例外ではなく

「幼児教育とは?」という概念のベースとなる部分、

「どういったものを根底に、この会が開かれているのか?」というところを

皆さんと共有することで、

「幼児教育とは何か?」という概念的なところをよりブレない軸にして、

今後、お子さんと一緒に何か接していく時に

それからお子さんを育てていく時に

ぜひ役立てていただきたいな、と思っています。


さて今日は、何人かの講師から皆さんにお話させていただきますが、

色々な切り口からの話があるので、

その中で一つ二つ、

「ああ、そういうことか!」と腑に落ちるような、

心に響くような言葉が皆さんの中に残ったらいいな、

と思いながらお話ししていきたいと思います。


それでは早速、

先ほどお配りした「Child Arts Academyの目標」を

皆さんとシェアしていきたいと思いますので

まずは「Child Arts (Academy)は」という箇所を

ご覧になってみてください。

私の方で読ませていただきますね。


『Child Arts (Academy)は、人類進化の過程から見て、

根源的なものに触れることで、豊かな感性を磨き、

しっかりとした、観念ではない』......。


この「観念ではない」というところがポイント、

とても大切な部分になりますね。


『観念ではない倫理観と世界観を育てて

それから他者、色んな周りの人たち、

そして社会、大きな世界といったところの

コミュニケーションの土台を形成して、

自分のしっかりとした意志を持って未来を拓く創造性、

自分のクリエイティブさを発揮できる未来の子供達を育てることを目的として

Child Arts Academyを開いています』、とありますよね。


これは今日皆さんにお話をしていく上で、

しっかりと共有させていただきたい部分ですので、

先に読ませていただきました。


先日、実はこのようなエピソードがありまして...。


私の子供が絵を描いたのですが、

その時に絵を見たスタッフの方が、

「とても伸び伸びした、子供らしい絵を描くね!」と

褒めてくださったのです。


私はその時に、どんな風にお答えしたのかと言うと、

「いえ。うちの子は、人の顔を描いたりするのがあまり得意ではなくて、

上手く描けないんですよ。

でも今日は自分の大好きな昆虫の絵なので、上手く描けたのかも知れないですね」

とお答えしたのですね。


でも、その時こう思ったのです。

「私、何ていうことを言ってしまったんだろう」と...。


それは心のどこかで「上手く描かなければ良い絵とは言えない」

と思っていたことに私自身が気づいたからです。


子供が絵を上手く描いて、人に評価されて初めて

上手いものなんだ、素晴らしいものなんだ、

ということを自分が言ってしまったな、と思って...。


子供の頃に何の観念にも捉われずに、のびのびと

「うわぁ、絵を描くのって、すごく楽しい!」

と思いながら描いた絵というのは

それこそ素晴らしい“宝物”であったはずなのに、

私はその時に「上手い」と人から評価されることを望んでいたのだな、

ということを感じて、

そのことが、私にとって大切な“気づき”となりました。


つまり「純粋に楽しむ」ということを

大人になって忘れてしまっていたのだな、

ということに気づいたのです。


「楽しむ」ということは、本能的に、

根源的なところにすごく働きかけることなのです。

人は、心から純粋に「楽しい」と思えると

“根源的に命が輝く”というところに感情が湧いてくるのです。

ですから実は「純粋に楽しむ」という状態は

それだけでとても素晴らしい、ということですね。


たとえば動物行動学の教育には色々なアプローチがあると思うのですが、

その中でも、ヒト(人)がなぜ

ホモ・サピエンスから進化して現代のヒトになったのか?

という進化の過程は、

間違いなく今の時代を生きる人間、私たちにとっても

これから更に進化していくヒントが、間違いなく隠されていると思うのですね。


ここで小林朋道さんという動物行動学を研究されている方の

『進化教育学入門』という本をご紹介したいと思うのですが、

この方も、人間を動物行動学というところの視点で

色々なことをおっしゃっていて、

(本の)中に、こんな印象的なお言葉を残していらっしゃいます。


『人間は進化学的に、自分の生存や繁殖的に有利に作用する活動に、

人が喜びを感じるように“プログラム”されている』


つまりこれはどういうことかというと、

「命」というもの、私たち人間も動物も含む「生きもの」として

プログラムされている一番のベースに存在しているものは、

「根源的なものへの働きかけというものは、より脳内において深く吸収しやすい」

「本来の命へ働きかけているものは、私たちの潜在意識にしっかり深く入る」

ということなのですね。


つまり「命」というもの、

私たちは命が無ければ存在することが出来ませんので、

それはとても“根源的なもの”である、ということが言えると思います。


そしてその「根源的なもの」、

つまり「人を成り立たせているもの」は、

まず一つに「命」であって、

それは、生きとし生けるもの全てに共通する

生命・種の保存、子孫を残していきたいという

生きているもの全てが思っていることである、と。


私たちは、命を育むために、

この地球上の、太陽からの恵みや恩恵を受けて存在しています。

「太陽」というものが無ければ、私たちは生きていくことが出来ないですし、

「自然」というものの中に私たちは居る、

ということが言えると思います。


結局、「命」とは「自然」であって、

「根源的なもの」も「自然」であると言えると思うのですね。


それからもう一つ、

なぜ私たち「ヒト」が人としてなり得るのか、ということについては

「言葉」というものの誕生とその発達が非常に重要な鍵になっている、

と言うことができると思います。


なぜならば、

人を人たらしめているものが「言葉」であるからです。


これをわかりやすくいいますと、

動物と人との一番大きな違いというのは、

「言語を持っているかどうか?」というところになってきますが、

それは言語を持つことで、

自分の頭の中でイメージしていたものが整理されて

わかりやすくなる、ということがあるからなのですね。


これは人間だけではなく動物にも通じる部分でもあって、

ホモ・サピエンス以前の旧人類などは、

「言語を使うか使わないか」というところで、

徐々に差が出てきたということが分かっています。


つまり、この「言語を使う」ということで、

自分の頭の中のイメージや虚構の世界を具体的なものに落とし込んで

しっかりと人に伝えることができる、というところで

初めて「概念」というものを共有し合って、

集団として、より発展的な方向に進化する、ということです。


進化していく過程で

私たちの「言葉」というものがあり、

「言語を獲得して、それを使った」ということは、

人類史においてとても大きく、まさに革命的なことであったと言えると思うのです。

ですから私たち人類にとって

「根源的なもの」を2つ挙げるとしたら、

その一つは、命を育む「自然」。


そしてもう一つは、

人を人たらしめている「言葉」であるということを、

この機会にしっかりと掴んでいただきたいと思います。


先ほどから「根源的なもの、ルーツがなぜ大事なのか?」

ということをお話ししていますが、

それはなぜかといいますと、

先ほどお話ししたように人は進化し続ける生き物であり、

進化していくためには

物事の本質というものを深く深く知っていくということが、

進化の一番の近道であるからです。


では「物事の本質」というのはどういうことなのか?

ということをどんどん突き詰めていきますと、


そこには

「どうして私たちは存在するのか?」

「私は、どこから来たのだろう?」

「私は、何者なのだろう?」

という、“自分のルーツ”というところに辿り着くのです。


またそれと同時に、人は生きていく上で

「大きな大きな安心感」、「揺るがない安心感」

というものを、必ず求めます。


それが一般的には、母親からの愛情、

それはたとえば

「お母さんがそばに居てくれる」ということであったり、

「お母さんが無条件に自分のことを愛してくれているんだ」と思えることであったり、

さらにその先に続く「ご先祖様との繋がり」というのをしっかりと感じられる

というところで、心の余裕というものが初めて生まれてきます。


「心の余裕を持つ」ということは、

生命が「命が脅かされることがもう無い」という状態なので、

生命を脅かされることがなく、

「自分がどうしたいのか?」と

初めて頭で考える余裕が出来た時に、

「ああ、そうか!」となって

こちらに書いた「知」の「倫理観」という次のステップに、

人は進めるのですね。


そしてこの段階になって初めて

人は自分のことだけではなくまわりのこと、他者のことを思うという

心の余裕というものが生まれてくるのです。


すると、どうなるかといいますと

「意志力」といって

よりクリエイティブで自由度の高い、

創造的な世界の思考にシフトしていくことが出来るようになります。


ですので、そういう根源的なところが満たされるというところが、

子供たち、あるいは人類にとって、

とても大切なことだなと思います。

今日はいろいろなことをお話ししてきましたが、

結局、親が子供に出来る事というのは、殆ど無いと思うのですね。


ただ一番子育てにとって大切なこと、

究極的なことは何かといえば、

子供たちにとって心地よくなれるような「場作り」、

よい環境を作ってあげるということが

とても大切なことであると思っています。


とくに第二祝殿と祝殿の

両方でお祓いをあげたことがある方というのはよく分かると思うのですが、

どちらでお祓いをあげるのが、

「自分がより清まった」という体感があるのかというと

明らかに、こちらの“祝殿”だと思うんですね。


では、祝殿でお祓いをあげるのが、なぜ良いのかというと、

ここは本当に、

「お祓い」、「祈り」をあげるためにつくられた場所ですので

会社のスタッフも毎朝ここでお祓いをあげていたり、

門人さんがいらしたらここでお祓いをあげていたりと

「お祓い」というものを、ここで皆であげて、

日本のため、世界のため、宇宙のため、公のため、という気持ちで、

これまでに本当に皆さんがそれぞれの思いをもって

ここで大きな祈りをあげて下さっていますので、

やはり「場」というものが、全然違うのですね。


その「場」が整っているなかで

「お祓い」をあげるからこそ、

「自分の本来の意志」や

「自分がどうしたいのか、どうありたいのか」ということが

掴みやすくなる、と思うのです。


ですから子供を育てる環境という意味で、

「場」を整えるということが

まず最初の段階で、とても大事なポイントになってくるということです。


それからもう一つ、

今日は本を持ってくるのを忘れてしまったのですが、

久保田競さんという脳科学者の方も、

幼児教育のことについて執筆されているのですが、

久保田さんの本を読ませていただくと


『幼児教育の目標とは

知能が人よりも優れているといった

人間性のごく一面に過ぎない分野の発達を指すものではなく

問題解決のできるこどもを育てること。

そして問題の解決には他者が含まれてくるため

他者を考え、他者を理解するために

コミュニケーションの基本である

“豊かな言語能力”が必要となる』


とに、おっしゃっています。


これはつまり、Child Arts Academyの、

お渡ししたレジュメにある、こちら図と一緒ですね。



「情」のところで、感性、さまざまな心の豊かさを磨いて、

「知」のところで、他人のことを思う、

つまり「人として生きるということはどういうことであるのか」ということを考える。

そして、その2つの先にある「意志」というものが、

「意」のところで、初めて発動するという図になっているということです。


これを、脳科学者の久保田さんが

本のなかで同じことをおっしゃっているのですね。


他の考え方の部分では、

『論理と直感が相混ざったところに、個性的である、創造的な人間の望ましい姿がある』

と書かれているのですが、

これはどういうことかといいますと、

「左脳」と「右脳」とがあって、

左脳的なところ(論理)と、右脳的なところ(直感)の、

ちょうど合わさった真ん中の所に立ち現われるのが、

「本来の人間の姿」であり、

つまりそこが、神道でいうところの「神の働き」であると。


人間本来の働きに、一番近づいてくる望ましい姿というのは、

白川神道では「遠津御祖神」(とおつみおやのかみ)と表現しますが、

その右脳と左脳が、

しっかりと真ん中で統合されている、ということが

とても大事であるということです。


そのことを久保田さんは、

脳科学の見地から「論理」と「直感」というお話のなかで、説明されています。


つまり遠津御祖神=ご先祖様の働き、

ということがとても大事で、

その先にある「先祖供養」というのは、

やはりベースとなる部分といいますか、やはり一番大事なことなのです。


もうすぐお盆に入るので、

ぜひ皆さんもお墓参りに行っていただいて、

ご家族がご先祖様に手を合わせて、

自分の命を繋いでくれることへの感謝の気持ち、

それから

自分が子供を残して命を繋げることをさせてくれている、


その「繋がり」というものに一生懸命手を合わせて、

感謝の思いをもって

この夏を過ごしていただきたいな、と思います。


今日お話した内容を最後にまとめますと、


・お子さんの「場作り」ということ

・Child Arts Academyの目的


をお話しさせていただいたということで、

皆さんにも心に留めておいていただければ、と思っています。


本日は誠にありがとうございました。